参加申込 ホームへ お問合せ


以下の内容は、前回大会(2016年大会)の募集要項です。
内容が変更になる可能性もありますのでご注意ください。


募集開始は6月18日【父の日】正午を予定しております。

“マスターズ甲子園ボランティアは、夢を支えるプレイヤー”

甲子園球場は選手だけの夢にとどまりません。
甲子園という夢舞台を支えるスタッフやボランティア、プレーヤーを見つめる観戦・応援者にもそれぞれの「甲子園物語」があります。
夢やドラマを生み出す甲子園球場と大会を支えるボランティアスタッフはマスターズ甲子園にとって欠かすことのできない存在です。
野球や甲子園が好きな方、元球児や母校を応援したい方、野球に詳しくなくてもボランティアに興味がある方は私たちと一緒に、夢の舞台を実現しましょう。


2004年の第一回大会から、多くの方々のサポートと熱い想いが一つになり、選手の皆さんの夢を、夢のままで終わらせない大会となりました。
ここでは、マスターズ甲子園ボランティアの仕事とスタッフの様子を一部だけ紹介します。
次はあなたご自身が大会当日、この感動と興奮の瞬間を感じ取りに甲子園球場へ来てください!
1.大会式典・甲子園キャッチボール運営
主に開閉会式や甲子園キャッチボールの運営を行ないます。
甲子園球場での試合を目前に控えた選手たちの入場行進、未来の球児たちの甲子園デビューとなる甲子園キャッチボール【親子編】、
夫婦の絆や感謝を伝える【夫婦編】など、聖地で目を輝かせたたくさんの”球児”を間近でサポートしませんか?
試合の進行に直接関わることはありませんが、大会運営の裏側がよく見える部署です!
式典メンバー同士や他部署スタッフと綿密に連絡をとりながら、大会そのものを動かしましょう!
2.会場マネジメント
仕事内容は、マスターズ甲子園のヒトやモノなど全体のマネジメントです。
具体的には、来賓や関係者、取材に来られるメディアの方々を迎える本部受付、駐車場管理や備品の整理などに分かれ、
裏方の仕事を通してマスターズ甲子園に参加する選手、観客、ブラスバンド、ボランティアなど多くの方々を支えます。
販売やボールボーイなどに比べるとあまり目立たないポジションですが、マスターズ甲子園の生の大会運営が
最もよく見える部署なのではないでしょうか?
3.物品販売・大会受付
主に当日の大会グッズの販売を行ないます。
マスターズ甲子園へ訪れた選手や観客の方々は、球場の8号門より出入りします。その8号門でお迎えする受付・販売係は阪神甲子園球場と描かれた看板の次に大会の顔となるでしょう。あなたの笑顔で大会を盛り上げましょう!
4.選手誘導
主に参加選手の誘導を行ないます。
選手の方々に心おきなく試合に臨んでもらうためには、会場到着から試合が終わるまで各チームをサポートし、
室内練習場やグランドに案内するスタッフが欠かせません。誘導係のメンバーで事前ミーティングを行ない、
大会当日にどのような事態が起こっても対応できるよう念入りにシミュレーションし、大会当日に備えます。
5.ボールボーイ・ボールガール
主に代表OB試合中の、ボールボーイまたはボールガールを行ないます。
試合の中でプレーヤーとしてボールの行方を追いかけるのではなく、ボールの行方を管理するボールボーイは試合進行を左右する
重要なポジションです。 試合時間に限りのあるマスターズ甲子園では特に、一人でも多くのベンチ(選手)登録者が出場するためには、
スムーズな試合の進行・運営が必要不可欠です。 一人でも多くのOB選手が甲子園でのプレーを楽しめるように、
ボールボーイ・ボールガールとして試合の円滑な進行に、ぜひご協力ください!!
※技術は問いませんが、野球・ソフトボール経験者であることが参加条件とさせていただきます。
 また、ユニフォームとグローブを持参できる方に限らせていただけます。
6.選手・観客インタビュー
主に選手や観客の大会に対する生の声を集めます。
泥まみれになった高校球児が大きな荷物を抱えて歩くあの通路。試合に勝った喜びと次への闘志に充ちた勝利チームに対し、
負けたチームは砂の入った袋を手にし涙ながらに歩くあの通路。勝ち負け関係なく、共に戦った球児たちは必ず
同じ通路を歩いてグランドを後にします。 さまざまな想いを胸に抱えているその時だからこそ、夢の舞台でプレーした気持ちや
甲子園への想いを率直に正直に話してくれる選手にこの通路で話を聞ける機会はそう滅多にありません。
聞いている側が感動して涙する者もいます。 さあ、選手と興奮を分かち合いましょう!!
7.撮影
主に大会の記録となる映像や画像を撮影します。
大会の感動と興奮は、参加した人全員の記憶や思い出として残りますが、やはりなんといっても最も鮮明に思い出させてくれるのは写真や映像です。
大会の模様や裏方で汗を流して働いているボランティアスタッフの様子など、毎年たくさんの写真が記録として残されています。
これら撮影された写真を眺めては顔のにやけるスタッフが未だに後を絶ちません。
球場の中でカメラを構えてみませんか?選手の躍動感ある迫力たっぷりなプレーやちょっとお茶目な姿、スタッフの裏側を撮影してください!!
(※できればデジタル一眼などのカメラをお持ちの方にご参加いただければと思います。)
8.メディア・SNS(ホームページ・twitter・facebook)
直接は見に行けないけど大会の様子が気になる、試合結果が見たいなど、甲子園球場に来られない方のために、大会当日には試合の記録や
フォトアルバム、スタンドやボランティアの様子を随時公式ホームページや公式SNSアカウントにて更新しています。

スコア班と協力して公式記録をまとめたり、カメラ班が撮影してくる写真をまとめながらアップする画像を選んだり、
ネタ探しに選手やスタンドのお客さんにプチインタビューに出向いたりと情報の発信拠点として「オモシロいもの」をどんどん探していきましょう!

※資格や経歴は問いませんが、ご自身もSNSをやっておられる方やウェブや情報発信に興味のある方にお勧めします。
9.スコア・公式記録
マスターズ甲子園では、90分間の試合の中で最大50人の選手が目まぐるしく入れ替わる全員野球が繰り広げられます。
その中でも投手交代や代打、打点など試合に関わる全ての記録をつけるスコア班は、大会の記録を見返すうえで非常に重要な存在です。

選手交代が多く「スコア班泣かせの大会」としても有名ですが、マネージャー経験のある皆さん、
スコアを久しぶりに書いてみたい皆さん、一緒に甲子園球場の記者席から記録員としてマスターズ甲子園を支えてみませんか?

※性別、年齢は問いませんが、マネージャー経験のある方など、スコアの書き方を十分に理解されている方に限定させていただきます。
10.審判員
マスターズ甲子園の審判員は、2004大会(第1回記念大会)より、ボランティア審判員の方々に勤めていただいております。
選手のガッツ溢れるプレーに負けじと力強い声が甲子園球場に響き渡ります。

(注)
①審判員ボランティアに限り、公平なジャッジとスムーズな試合進行のために、高校野球地方大会や甲子園での審判経験のある方にしていただいています。
②審判員の方のみ、ボランティアの募集締切がやや早めとなりますのでご注意ください。また、球審・塁審の決定については
マスターズ甲子園大会審判長との協議により決定いたしますので、あらかじめご了承ください。
11.トレーナー
精一杯プレーする選手にケガは付きもの。ましてや聖地・甲子園球場のグラウンドで野球ができるとなれば
普段はできないようなプレーができるような気がしてしまったり、声援に応えようと張り切ってしまったり…。

しかし、これまでケガを最小限に抑えられてきたのは、試合前の室内練習場でのウォーミングアップや
試合後のロッカールームでのクールダウンまで、選手の体のケアをサポートするトレーナーの方々の存在があるからこそです!
晴れ舞台に臨むおじさんたちのスーパープレーを引き出してあげましょう!

【トレーナーの業務について】
マスターズ甲子園トレーナーには、①試合前のパートナーストレッチもしくはウォーミングアップ、②試合中のベンチ内でのアイシングと
緊急時の対応(医師との連携)、③試合後のクーリングダウン最終確認を担当していただきます。
資格や経験の条件は設定しませんが、内容をご理解いただき技術をお持ちの方に限らせていただきます。
業務の性質上、用具や備品を準備していただく必要はありません。

※ジャージで活動する方の中で、他のボランティア部署との兼務をされる方は、黒のパンツ(ブラックジーンズも可)をご持参ください。
12.医師
トレーナーの皆さまと同じく、選手や観客の皆さん、ボランティアスタッフに至るまで、マスターズ甲子園に関わるすべての人に
大会期間中に万一のことがあった場合に、迅速な処置と病院への搬送を主導していただける医師の方も大会の根幹をなす、非常に重要な存在です。

大ケガや急病の事例がない限りはほとんど目立たない特殊なポジションではありますが、文字通り大会を陰で支えていると言えるでしょう。
医師免許をお持ちの皆さま、ぜひご参加ください!

※申込完了後、マスターズ甲子園大会事務局より大会当日までに医師免許の確認をさせていただきます。
13.スタンド
野球観戦で大切な物…それは、スタンドの応援!!応援があるからこそ頑張れる、いつも以上のプレーができる。
ブラスバンドの演奏に合わせて、スタンドにいるお子さんやご家族も巻き込みながら、踊って、歌って、試合を盛り上げましょう!

もちろん、ブラスバンドやスタンドのお客さんもしっかりケアする他の部署に負けず重要な部署です!
14.ブラスバンド
春の選抜や夏の選手権でスタンドに鳴り響くブラスバンドの演奏。あの音楽を聴くだけで気持ちがたかぶる方も多いのではないでしょうか。

マスターズ甲子園でも毎大会毎試合、近畿圏の中学・高校のブラスバンド部の皆さまにボランティアで演奏をお願いしており、
これまでには応援したブラスバント部と応援されたOB選手の皆さまとの交流も生まれたこともあります。
甲子園球場のスタンドから、大きな演奏と熱気で、試合に臨む選手の背中を後押ししてあげませんか?

※2016年大会のブラスバンドボランティアの募集は締め切りました。ご協力いただきありがとうございました。
15.チアリーダー・応援団
今回から、ブラスバンドの脇で応援を華やかに盛り上げるチアリーダー、選手を鼓舞する応援団も募集させていただきます!
スタンドで一体となるブラスバンド×チアリーダー・応援団のパワーは大会の盛り上がりを象徴するとともにマスターズ甲子園の一つの名物でもあります。

甲子園球場でのチアリーディング、経験してみませんか?

【チアリーダーの募集について】
普段から活動している、高校生以上の団体単位(10名以上)での募集となります。女性のみもしくは男女混合の団体の募集です。
※年齢の上限はございませんが、中学生・キッズチームの登録はご遠慮ください。
昼食・飲み物は提供させていただきますが、謝礼・交通費の支給はございませんのでご了承ください。

【応援団の募集について】
普段から活動している、高校生以上の団体単位での募集となります。混合含め男女どちらの団体でも結構です。
※年齢の上限はございませんが、中学生・キッズチームの登録はご遠慮ください。
昼食・飲み物は提供させていただきますが、謝礼・交通費の支給はございませんのでご了承ください。







Masters Koshien Official Supporter
アシックスジャパン
共催 朝日新聞社 ウォーカーズスタイル
株式会社 FIELD OF DREAMS
西宮観光旅館組合
富士ゼロックスサービスリンク株式会社

参加申込 ホームへ お問合せ
Copyright © Masters Koshien since 2004.
All Right Reserved.